teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


そうです。

 投稿者:あやと  投稿日:2018年 4月30日(月)23時00分19秒
編集済
  ハルさんへ

ーーーどちらの勢も「左顧右盼」は2回出てこないでしょうか‥?ーーー

そうです。左を向いたり右を向いたりはそれぞれ2回ずつあります。
最初の部分は右手左手と腕を動かすときにあります。
後半は右足、左足の動作の時にあります。
動作によって、その大きさは変わり、ほとんど見えないこともあるんです。
大分練習が進んでいますね。
「たんとう」するときにイメージするのはただの想像ではなく、
「気」を体内に取り込んだり、体の周りに動かすためです。
体を動かさないで、「気」を動かすのです。
 
 

先の補足です

 投稿者:ハル  投稿日:2018年 4月30日(月)21時35分55秒
  「アン」は右足で逆纏絲で深く沈んだ時に「左顧」、それから順纏絲に切り替わって左足が浮かび上がり、その左足が地の気を吸い上げる時が「ファンソン」で「右盼」という感じです‥  

整理がついてきました

 投稿者:ハル  投稿日:2018年 4月30日(月)17時38分31秒
  真北先生へ

大変な作業ですが、これまでの掲示板の投稿の読み直しをかけ、ココというところを再、再、再、再度とプリントアウトしています。
(この掲示板にも随分と歴史がきざまれているように思います・・)
お陰様で、ここにきてようやく整理がついてきたようです‥
N蓮さんの教室での育てられ方による刷り込みのせいで、そこから長年抜け出すことができずにいたのですが、それも今では、こんなこと言ったら失礼になるかもしれませんが、「反面教師」としての存在があったからこそ、今、ちゃんとしたことがわかるようになったのかもと‥
こんなことを言ってはなんですが、あそこで囚われの身になっていたら一生浮かばれないと、、、でも、皆、ついていくから不思議です・・・
スミマセン、つまらぬボヤきでした‥
ところで、月刊秘伝の先生のシリーズ「太極拳のマコト」はそれこそ マ・コ・トの啓示であります!
先生はこれまでも過去の掲示板にそれなりのことをおっしゃっていたことが、今になってよくわかります。
例えば、近々の「左顧右盼」についてですが、しっかりと示唆するものを書き込んで下さってらっしゃいました。
四月号の先生の抱拳礼の写真にそれがはっきりと出ていますよね‥?
「ジー」順纏絲(右手、右足)→「左顧」 / 「リー」逆纏絲(左手、左足)→「右盼」ということだと思います‥
私は、マネごとで陳式をかじっていたので何か感じるのですが、陳式は纏絲(螺旋)がはっきりとしていて、「左顧右盼」も見た目にもわりと分かりやすいと思います‥
先生の陳式太極拳のコーナーに、両手で左回りの平円、両足で右回りの立円のイラストがあったようにです‥
それに比べ、楊式とか、簡化とかは、その螺旋がほぼ、直線に近い形(抽絲?)で外に現れていないので、「ジー・リー」(左顧右盼)も見た目に分かりにくい形になっているのだと思ったりです‥
いわば、達人の昇華された動き、内にはあるけど見えなくなっている動きのようです‥
簡化の動きは、何もわかってないで、動けなくて動いていない人の動きがともすれば、達人の動きに似てしまっているという、何というか皮肉な現実があるように思います‥
そして、そこを見極めきれない現行の審査会(仮に見極められる審査員がいたとしても、それを認めたら組織が成り立たなくなる‥?)
伝統だろうが規定だろうが太極拳の本質、理、法がそこになければ意味ないと思っていますが、そういうところはスルーしているのがN蓮の教室での進行状況だと思います‥
ひたすら、N蓮のお経を唱え続けなければいけないようです‥
傾向と対策も必要なようで‥??(どうして、変わらないといけないの?最初から変わるはずのないものでしょう‥?)

ところで、先生、一つだけ質問をさせて頂けますでしょうか?
秘伝の3月号、4月号と右野馬分ゾン、白鶴亮翅の解説がありましたが、どちらの勢も「左顧右盼」は2回出てこないでしょうか‥?
「アン」で「左顧」、「ファンソン」で「右盼」というように、もう一つ出てこないでしょうか‥?

ps.「站椿」は私なりに気が向いた時にやっています。動かなくても脳裏に「天地の呼吸」だったり「ジーリーアンファンソンポン」だったりを浮かべながらやっています。
すると、結構、時間持つようです‥




 

お金と同じ

 投稿者:あやと  投稿日:2018年 4月25日(水)21時54分35秒
編集済
  ハルさんへ

そうですね、動かない練習なんてどんな効果があるのかと思いますね。
トレーニングといえば走ったり飛んだり汗をかいて行うもんだという常識があって、
動かないでどこが鍛えられるの?と感じるのは普通です。
しかし、「気」は動かずじっとしていることでチャージできるんですよ。

「気」を蓄えるのはお金を蓄えるのと同じです。
お金のないときは「宵越しの金は持たねー」とばかりにつまらない浪費を繰り返し、
いつまでもあくせく働かなくてはいけませんが、
お金を持っている人は、何にもしないでも、お金がお金を呼びます。

騙されたと思って、じっと「たんとう」してみてください。
ただ立つだけですが、実はいろいろ注意点があります。
最初は、少なくとも姿勢の注意点を守って立つことをお勧めします。
わからないことはどうぞ質問してください。
 

ありがとうございます

 投稿者:ハル  投稿日:2018年 4月23日(月)20時04分53秒
  真北先生へ

正直な話、これまで「気功」というものを何だかマヤカシ(アタマだけの妄想)みたいに思っていて、なじみがなかった自分です‥
今はアタマの切り替えがついて、「功」とあるだけに、ちゃんとしたものがあるということを少し認識してきたところです‥
站椿功のように「じっと動かない」というのは、しんどいと思ってしまう心が先に働いて、やってはみますが、心の置き所がなくて5分も持たないという感じです(>_<)
ヘンな話、体力的には、我慢してじっと立っているということはできますが、、、
銭 育才さんの本「太極拳理論の要諦」の中に「騒がしいサル(自分の心)を一つのことにつなぎ止めることで安静を求める」「意識をある一つのことに集中する」とありました。「意守丹田」とかそれはそうだな思うのですが、それをし続けるというのが困難です‥(>_<)

こんな私ですが、どういった感じで立っていればよいのでしょうか・・・?

でも、先生、こんな私ですが私にも経験ありです!
「自分の体が回りの空間に溶けていくような…、埋まっていくような…」そんな感覚を覚えたことはあります。
その時を思い出すとハザマにいるようで、仮に物が当たっても痛みを感じないようなフワッとしてる(お化け?)けど意識は立ってるみたいな・・・・
(恐らく、違うものでしょうね(>_<))

ここで、一番ガツンときたのは「この実践になれてくると余計な力が抜けて、これまでと違った太極拳ができるようになるはず」ここのところです!
ウソみたいだけど力は出ている・・・?みたいな(>_<) アホ
やったもん勝ちは信じるところであります!
 

じっと動かない

 投稿者:あやと  投稿日:2018年 4月23日(月)15時55分3秒
編集済
  ハルさんへ

ただ立って、自分の体を見つめることを習慣にしてみてください。
自分の体はパイプでその中を不思議な力が流れるのです。

私は小学生の頃に、学校から帰ってくると自分の部屋に横になって
仰向けでじっと寝ていました。
身動き一つせずにいるのです。
しばらくそのまま仰向けになっていると
体の中に「何か」がいっぱいになって
とても心地のいい状態になりました。
そのうちに体が周りの空間に溶けてきました。
さらにそのままいると不思議な夢の世界に入っていくことができました。
寝転んでいると10回に5回はただの眠りになり気が付いて
ああ寝てしまっなと残念な思いをしました。

立ったままじっとしていれば眠ることはありませんから、
そのほうがいいでしょう。
この実践に慣れてくると余計な力が抜けて
これまでと違った太極拳ができるようになるはずです。
やったもん勝ちです。
 

ありがとうございます

 投稿者:ハル  投稿日:2018年 4月21日(土)13時24分2秒
  真北先生へ

先生、ありがとうございます。
先生の本「太極拳のヒミツ」も読ませて頂きましたが、体静止したままの意識の訓練がまず必要なんですね。
逆纏絲をイメージして実行してみます。
 

意念(神)の重要性

 投稿者:あやと  投稿日:2018年 4月21日(土)00時49分20秒
  ハルさんへ

私が説明しているのは「意念(神)」の重要性です。
つまり、たんとう功で体静止したまま意念を動かすことなんです。
「気」は注意(意念)の向いたところに集まります。
イメージは「気」をコントロールするために描くのです。
最初のうちは意念で「気」を動かすのはある程度時間がかかります。
太極拳を練習している人はストレッチや体を動かすことはしているでしょうが、
おそらく、意念のトレーニングを実践している人はごく少数でしょう。
気を体に巡らせることを日々練習する必要があります。
私の説明するワンパターンはそれが基本にあるのです。
最初は頭から、おなかに、そして足の裏まで流せるように練習してみてください。


 

1頭、2お腹がダウン

 投稿者:あやと  投稿日:2018年 4月18日(水)16時43分47秒
編集済
  ーーーおかしなこというかもしれませんが、私のイメージとして「ジー・リー」のところは、
鳥が地から空に向かって羽ばたこうとしている感覚でもあります‥(+_+)ーーー
そう悪くはありませんが、焦ってはいけません。まだ待ってください。

今私が説明しているのは、「ダウン」です。
これは私の勝手なネーミングですが、太極拳動作は「ダウン」と「アップ」に分けることができます。
その最初のところの説明なんです。

「ダウン」は意念で頭頂の「気」を額に集めます。そのために、そうです、少し額を上に向けます。
それがジー・リーです。「1頭 」と呼ぶこともできます。
額(印堂)に集めた「気」をまず胸に下ろします。そのためには含胸抜背が必要です。
それからさらにおなかの臍下丹田まで下ろします。
これが 「2お腹」です。

おなかにおりた「気」は足の裏まで流すことができればいいですね。
鳥が羽ばたくのはまだそのあとです。
ここまで試してみてください。
大体5~6分かけてこのトレーニングができればいいでしょう。
このような実践は手足を動かすのではなく、「意念(神)」をしっかり使うことが必要です。
そして、この意念の働きをサポートするのが両手の動きです。
「天地の呼吸はそのためのエクササイズなんです。

私のDVDを購入されたとのこと、ありがとうございました。
このエクササイズの後にDVD動画で「天地の呼吸」を練習してみてください。

 

そうでしたかー

 投稿者:ハル  投稿日:2018年 4月18日(水)00時42分8秒
  真北先生へ

まず、私の気の感覚はどういうものかわかりませんが、、、

ドンと乗っていた頭が軽くなって、項がぽよよ~ん&ぼわ~ンと張る感じ‥
額に降りてくると少し顎は上を向き、喉をクゥ~っと降りていき、それが背中側に回って背中がドロ~ンと落ちるような‥
そんな感じですかね・・・?(やってるうちに疲れが来て感覚がよくわからなくなったりしますが、、)

おかしなこというかもしれませんが、私のイメージとして「ジー・リー」のところは、鳥が地から空に向かって羽ばたこうとしている感覚でもあります‥(+_+)


 

レンタル掲示板
/171