teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 無題(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


三が日

 投稿者:caruru  投稿日:2017年 6月21日(水)17時06分52秒
返信・引用
  わたしはALFEE聴かずに「ベルサイユのばら音楽集」聴く。
ベルばら界は賑わうので、いろいろ思いはせればなぁと思ってます。

「髪結いの亭主」わかりにくいけど、好きだな~
奥さん綺麗。

雑ですみません。


 
    (サクランボ) わ…私だって三が日はアルではなくベル聴くともさ~焦っヽ( ̄д ̄;)ノ
てか、日頃からダブルで聴いといた方がいいかもね(^^;;
てか、聴いてるよ!!聴いてます。。。

ほら!甘いものとしょっぱいもの交互に食べた方がより美味しく感じられるみたいな(*゚▽゚*)!

あと、そろそろ掲示板を夜の色に変えようと思いますよ!!
 
 

カラッ梅雨に紫陽花がもりもり♪

 投稿者:サクランボ  投稿日:2017年 6月19日(月)15時05分28秒
返信・引用 編集済
  こんにちはっ!!昨日は久しぶりに夕方まとまった雨が降ってカエルもカタツムリも喜んだと思うのですが・・・今日はまたね~、なんでこんなに晴れてるんでしょうか?いま降ってくれないと真夏に水不足になったり、デパートでは傘やレインコートが売れなくて困るのに。
降ってよ。てか、せめて曇りでいいよ・・・。。。
でも、お蔭様で小学1年生の公園探検の日程をすべて終えることができました。
結局予備日も含めて4日間、子供たちと近所の公園歩き回ってクラスの様子を知ることが出来ましたし、土曜日はこれまた参観日だったりして・・・珍しく最近はずっと"お母さん"してました~(;´▽`A``

というわけで、もうすぐやって来る夏休み。
夏休みと言えば読書感想文だということで・・・今年のチェリブロの課題図書を発表します!


◆坂崎幸之助さんの「ネコロジー ノラ猫トイとその仲間たちの物語


猫好き小学校6年生の息子には真面目にこれで読書感想文書いて貰おうと思います。
それに先立ちまして、私も自分語り満載の感想文を書いてみました!
TOPにリンクしてありますので、もし良かったらclickしてみてください!!



あまがえる様!!
例のBGM捜索に関して貴女様の素晴らしい功績に、一アニばらファンとして心から感謝致します!!!!!
アニばらを好きになって38年・・・・・まさか、こんな日が来るとは思ってもみませんでした。また、皆さんがそれぞれご自分のペースで研究の成果を発表できる場を設けた方がいいと最初にアドバイスを下さったハイハイミミ先生、改めて ありがとうございますっ!!!


ダンスの重要性・・・・・そうなんですね~(◎_◎;)
現代社会でも歌や踊りの上手い人は何も宴会の場でなくとも羨望の的でしょうが、一般人だと披露する機会はそうそうないかな?
そうか~貴族のたしなみ。日本の朝廷とかでもそーゆー風習はあったと思いますけど、ベルサイユともなれば貴族の皆さん・・・受けるプレッシャーは相当なものだったでしょうね。。。

私はベルサイユには住めないなぁ~・・・よし!吸血鬼が出没しそうな郊外の城に引き籠るぞw



――みなさま何かご計画を?――

ハイハイミミ先生、三が日はベルばら妄想族の一丁目一番地。それはアニばらファンにも同じです。なので「ご計画を?」って程のもんではありませんが、モチロン考えておりますよ~~~☆彡
つくづく、面白いと思うのです。
正直、今は自分 ベル妄想に全力を注げる精神状態ではありません。あ、私生活で何か大変なことがあったとかではなく・・・アルフィ~さんが私を狂わせています・・・( ̄▽ ̄;)
でも、だからこそいいのかもしれないです!!
年がら年中同じことばっかり考えている専門家の頭に新しい閃きはありません。
子どもだって大人だって、いろんなことに興味を持たないと。柔軟な発想、思考力はそこからです!

理想としては、普段はいろんな場所に散っている妄想家が三が日には同じ目的を持って集まり、日頃の活動の成果を生かしつつ、ベルの良さを再確認し合うという・・・笑

18世紀の舞台芸術を極めんとする方も、ひたすら音楽分野を追求する方も、海外のベル文化に造詣の深い方も、アルフィーさんに狂ってる方も・・・普段夢中でいることがバラバラだからこそ、ひり出されるモノがそれぞれ個性があって面白いのではないか?!

よしっ!!アル中代表として、頑張るぞ~~~~~~っ(@ ̄□ ̄@;)!!!
という、未だかつてない新鮮な燃え方をしております。


いや~もう、好きって気持ちは凄いよね?


*あまがえる様、うちの実家の紫陽花のこと・・・覚えて下さっているとは!?

ありがとうございます。今年も順調にビオランテ化しております。これはまだ進化途中の姿ですが・・・こんな感じです。
今は3割増しくらいになってるようです。。。
人は完全に屈まないと紫陽花の横、というか下を通れません・・・。


http://

 

アニばらファンが熱い。。

 投稿者:KHS  投稿日:2017年 6月16日(金)20時33分5秒
返信・引用
  サクランボ様、皆さま、こんばんは。

>あれ、舞台はフランス革命だけど日本の話だかんな!!!←特にアニばらは。
そう、その通りですよね。
トリスタン ブルネ著『水曜日のアニメが待ち遠しい : フランス人から見た日本サブカルチャーの魅力を解き明かす』2015
という本を最近みましたが、フランスで革命200年祭か何かの再放送時(向こうではしょっちゅう同じアニメを再放送するらしい)
に、この著者(ちなみにミラボー伯の末裔だそう)はその新鮮さに惹きつけられたそうです。つまり、学校で単純化されて習う仏歴史(絶対王政=悪、ミラボー=英雄)というのとは描き方が違っていた、ミラボーは祖父に聞いた通りちゃんとエロジジイに描かれていた(あれ?アニばらにそういう場面描かれていたっけ・・)と。
ちなみに前話題に出した「ゴールドレイク」(グレンダイザー、伊では主役の声優はジャルパパの人)が仏で最初にメガヒットした日本アニメで、子どもの100%が観たと言われているそうです(なぜならその年の夏は天気が悪かったから)。

あまがえる様、本当にお疲れ様です!!すばらしい情熱に参っています。もう、ごちそうさまです。
「リディキュール」→おお、「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督作品だ。これはいつか観ねば。

>(なぜかその時、アニばらでは見たことがないのにジェローデルが踊る姿を思い浮かべてしまいました)
この言葉に連想した重々しいルイ14世ダンス「王は踊る」の姿。そういえばジェロのような?髪型でした。

ではまたー。
 

ダンスの重要性

 投稿者:あまがえる  投稿日:2017年 6月16日(金)09時40分3秒
返信・引用 編集済
  梅雨の日本列島。皆様いかがお過ごしですか?
サクランボ様のご実家のビオランテたちは今年も盛りっ盛りなのかなぁ~?なんて、通りの紫陽花を眺めて思い出したりして…

アニばら流用クラシック曲のスレ、マニアが調べるニッチな内容にも関わらず、訪れてくださる皆さまありがとうございます。
ハイハイミミ様、サクランボ様に背中を押してもらっているうちに、さらにマニアックな領域に達してしまって、
私自身が一番驚いているという展開に…(笑)
一緒に楽しんでくださる方がいらっしゃるということが、今なによりも嬉しく感じております。

さてさて、ハイハイミミさま! さすが!バレエの歴史についても早速詳しく調べていらっしゃる~
まさに、先日受けた講義がそれでした。
バレ・ド・クール、すなわち宮廷バレエのことですが、紹介してくださった資料の歴史にわかりやすく書かれていますね。

ルイ13世、14世の時代はプロのダンサーや俳優がいたわけではなく、王族や貴族が踊ったり、仮装して演じていました。
貴族たちは、そこで踊ったり演じたりができないと宮廷で活躍できなかったそうです。
以前にバロックダンスについての実演を観た時にも、「貴族の男性は常に12曲のレパートリーが必要」と話されていました。
それほど、ダンスが貴族にとっては必須のものだったのです。
(なぜかその時、アニばらでは見たことがないのにジェローデルが踊る姿を思い浮かべてしまいました)

そして、その重要な踊りの場での粗相は(転倒するなど)ということは、宮廷での貴族生命を絶たれるに値することなのだそうです。
『私ができるのは狩りとダンスだ』と言っていたルイ14世が、ダンスをやめてしまったのは転倒したことがきっかけという説もあります。

宮廷でのダンスの重要性を話された時に、紹介してくださったフランス映画があります。
『リディキュール』http://movie.walkerplus.com/mv30179/
この作品の中で、主人公の青年がエスプリに富んだ会話術で宮廷でのし上がっていくけれど、
舞踏会で転倒してしまい、宮廷を去ることになったシーンがあります。(全編は未見です~)

ベルばら脳の私は、ドレスのオスカル様がコケそうになった時、フェルゼンがしっかり支えてくれてよかった~なんて思いました。
女性がコケた場合は、どちらに責任が生じるのかはわからないけど、きっと、タイヘンなことになったに違いない!と、
相変わらずアホアホな妄想炸裂でした。
 

ミュージックトークがスゲー

 投稿者:ハイハイミミ  投稿日:2017年 6月14日(水)20時59分22秒
返信・引用 編集済
  ちょっとあまがえる様の執念がスゲー…(涙)。
士は己を知る者の為に死す、という言葉が脳裏を…。

なんつって。(≧▽≦)いいな!!今日一番感動したシアワセな出来事だよ!

なんかねー、7月が近づくとまた、ソワソワする人たちが増えて、
え?7月?何?準備?萌え準備?何それ?って、パリ祭?復活祭?

みなさま何かご計画を?(戸田奈津子の字幕風に)


>サクランボ様、KHS様
あー、外国の方もyoutubeコメント読んでたら、思い入れたっぷりだよねー。
懐かしい、子どもの頃に見たわ!とか。わたしの人生に影響を与えてるわ!とか。

でも英語でオスカル様について話そうとすると、最初にHEかSHEを選ばなくちゃならないから、
HE?違うわよSHEでしょ?、SHE?Boyじゃないの?とかコメント欄に合った気がする。
一話から見なさいよって言われてた。
ITにしちゃう人もいた。性別不明はIT。でもなんとなくITはイヤだ。大問題だわ!!(≧▽≦)
 

楽しい楽しい♪

 投稿者:サクランボ  投稿日:2017年 6月14日(水)15時25分49秒
返信・引用 編集済
  なんだか気分がよくって♪
劇的に何かが変わったわけではないけど、こーゆー楽しい感じを大事にしつつヘラヘラ生きていれば、なんかもっと、イイ事が集まって来そうだなっ!!

KHS様、そうなんですね~。
外国の方は実写からもなんや難しい・・・ジェンダー論的な、よく分かんないけどw、学び取ろうとしていて 凄いですね!
もうねー・・・あんまり深く考えなくていいんじゃないの?
理代子先生は当時、自分に軍人の心理状態を描くことは難しいと判断して、「じゃあ女にしちゃえ」って感覚で・・・オスカル様が誕生したんですよ。
マリーアントワネットを題材にとにかく面白いマンガを描くこと。
湧き上がる情熱を思いっきりぶつけた結果がベルばらですよね。
男女の性差がどうこうとか身分制度がいいのか悪いのかとか、そういった議論はこじつけとまではいかないけど、まぁ後付けの・・・あんまり固執しなくてもいいんじゃないの?って思います(^^;
日本人の感覚だとね、ホントにピンときませんよね・・・。
この国は身体的に男女の差が殆どないから歌舞伎とか宝塚歌劇とか成り立つし、成り立つどころか男女混ざってやるよりも美しいじゃないですか。
男と女がいれば多少はデコボコになるもんね~。

脱線しましたが、日本人はオスカル様の存在を矛盾してるなんて思わないよ。
オスカル様はオスカル様。それで丸ごと理解しないと。既成概念に囚われてちゃいけませんよ。
・・・でも、外国の方々もベルばら好きなんですよね・・・。
なんだか不思議。。。

ディズニーの「ムーラン」は音楽も素敵だし、私はすっごく好きでDVD持ってます♪
中国の伝説的オンナノコの話なんですよね。シチュエーションがオスカル様とちょっと似ていて、馬も活躍するし、和解と尊敬とハッピーエンド☆彡
でも、どこかいつものディズニー作品とは違う読後感というか鑑賞後感の残る不思議な物語です。

アジアは不思議な地域なんですよ♪
欧米人の感覚とは違うエキゾチシズムをベルばらから是非感じ取って頂きたいですね、私は。
あれ、舞台はフランス革命だけど日本の話だかんな!!!←特にアニばらは。
日本入門の書として謙虚な姿勢で、読んだり観たりして欲しいと思います。


caruru様~~~・・・今夜も早く帰ってテレビの前で待機してね♪
って、アカデミックの専用スレが隔離病棟の様相を呈して来てるけど、気にしない!!!

ひとを恋しいと想う気持ちを思い出し、猛烈に今 胸が熱いんじゃあぁぁ~~~っ(咆哮)

というわけで、今夜の「1周まわって知らない話」 お暇な方は是非ご覧になって頂きとうございます。そして、出来る事ならアルフィーさんを好きになって頂き、LIVEに行ってみたいと思われた暁には・・・管理人へメールを下さいwww
 
    (サクランボ) アニばらを音楽方面から愛されてる方に朗報です。
ただいまアカデミックのMUSICバンク専用スレが凄い事になってますので、要チェックだぜーーーっ!!!
 

2014年に復活したバンド

 投稿者:caruru  投稿日:2017年 6月10日(土)10時33分31秒
返信・引用 編集済
  って言えば…

ZIGGY…かな?
残念ながら、GLORIAしか覚えてないけどハードロックな癖にメロディアスなところが好きなバンドです。
そんなとこ、アルフィーと共通してるかな?
何となく森重さんのBlog読んでる時がありますね。
今年はレッドウォーリアスも復活するって聞いたけど、小暮さんどうなってるかチェックしなきゃ
ユカイくんに当時のカッコ良さはないけど…

LARENE、Versailles ← よく好きなんじゃない?って言われるんですけどね。
ヴェルサイユは高見沢さんと少し繋がりがあるのかな?
お花送ってた気がする。← 一応、ヴィジュアルヘビメタル?系な共通点


な感じ。

あまがえる様のベルクラシックも楽しんでますよん?
朝イチにバロック、弦の音を聴くと優雅です。
休日の土曜日はまだ、ベットから出ずにクラシックとメタル三昧ですね~





 

カエル、クイア

 投稿者:KHS  投稿日:2017年 6月10日(土)00時22分37秒
返信・引用
  サクランボ様、皆さま、こんばんは。
あはは、かえる友の会、私も入りたい!この季節、特に懐かしい。いやあの、中高時代の家の近所にあった田んぼからのまさに「静けさや岩にしみいる蛙声」、うるさすぎてもう静寂に近い、っていうか音楽とか聞こえなかったよー。

さて、アニばらが生まれるためにだけ存在価値のあるような実写版映画でしたが、海外のファンフォーラムでは皆見ている感じでしたよ。
監督はあの「シェルブールの雨傘」のお人だしね。彼の作品を分析したこんな本にも出ています↓:

Queer enchantments: gender, sexuality, and class in the fairy-tale cinema of Jacques Demy
A.E. Duggan 2013
著者はたぶんアート系文学者。第4章が「The queering of the French revolution: Lady Oscar and the tradition of the maiden warrior」(フランス革命をクイア(→もともとは変態という意味だが、最近では性的マイノリティを現わすのに使われている言葉)する:レディ・オスカルと女戦士の伝統)という題で、実写版を扱っています。books.google.で一部読めました。監督の作品には繰り返し性や社会的地位への挑戦が描かれていて、この委託を受けた作品にもそれが読み取れるとかなんとか。「ムーラン」(Mulan)(たぶんディズニーのアニメーション映画のこと)にも言及していました。”60年代70年代の映画や少女マンガにはcross-dressing(男装)のmaiden warrior(女戦士)が非常に人気で、男性性や女性性であると信じられていたことを解くことが楽しまれた”との Roth-bettoni Didierの言葉( L'Homosexualité au cinéma Broché、2007 →「映画におけるホモセクシュアリティ」という本から)を引用しています。

(どうも、Oは男装/軍装であっても別に女戦士ではないし(→実際に戦闘で戦ったのって最後だけ?あとはアントワネットのSPか、訓練か警備か、警察みたいな捕り物か)、女性であることを隠してもいない。だから別に「最後に本当の性に戻った」とかいう感じでもないという認識でいるせいか、私にはこの章ピンときませんでした。ただこの本が面白いのは、なーるほど西洋人ってこういう視点(→黒人/白人、ユダヤ人/クリスチャン、貴族/ブルジョワ、主人/召使、主人/奴隷、男性/女性)で常に人を見てきたのかと知ったことでした。その中で”女性の男性性”を持つ女戦士はカテゴリーの分類を超える存在で、”矛盾した、違法な”存在だとJudith Halberstamさんが言っているのだそうです。ふーん。着物って男性女性そんなにすごく差はないし、男女の体形差もアジア人はコーサカス系ほどマッチョとフェミニンあるいはグラマーな格差が激しくないからなあ、ピンときません)。

あーつい長くなってすみません。ではでは、お元気で!

おまけ:よくわかんないけど、生き延びてパンク?になったジョゼフ殿下みたいな画像見つけました:
KAMIJO  Louis ~艶血のラヴィアンローズ~
https://rateyourmusic.com/artist/versailles-1
http://kamijo-brasil.blogspot.jp/2014/01/louis.html
 

cokacii、謎ワードと共に!!

 投稿者:サクランボ  投稿日:2017年 6月10日(土)00時06分52秒
返信・引用 編集済
  うおぉ~~~…cokacii様っ!!!
ご無沙汰しており済みませんっっ((((;゚Д゚)))))))
私は あの~その~…読んでくださってるの??
お忙しい中 ありがとうございます…っ!!
燻り続けてたアルフィー愛がアホみたく再燃して勝手に七転八倒しています。毎日 愛の萌えカス状態。還暦過ぎのおっさんになんでこんなに興奮しなきゃいけないのか…危機感を覚える程ですよ。
なんちゅうか…蝉みたい、私。命の終わりにジージージージー伴侶を求めて狂ったように鳴き叫ぶアブラ蝉みたいに胸がジンジンジンジンしちゃうんだよ♪
もうすぐ事切れるのかな!?
あ!!でもね、ベル妄想だってしてるんですよ~っっ!!!
三が日、早いですよね…もうすぐだ~~~ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

で、…胸潰しブラってナニ…笑

相変わらずワケの解らないことにハマってらっしゃるwww  それ、サラシじゃ駄目なの…(^◇^;)?

あと…トリックアートにオスカル様の狛犬が居るのですか…?
機会があれば近くなので行ってみようと思いつつ、会期が長いこともあり いまだ未体験なのです。。。

バンド熱はヤバいと 私もつくづく実感していますよ~…
完全に冷めた情熱なら二度と復活しないんですけど、自分、アルフィーさんのことはずっーーーーと好きだったみたいです。。。
cokacii様も再燃中!?
Live行ったが最後、爆発しますよwww

行ってよ~~~(//∇//) また追いかけて~~~~~!!!

ラレーヌはどうしたって本命にはなり得ませんが(マイナーなのはともかくとして解散しとるがな)なんかイイですよね。私は彼らのコスプレ見るとイノサン思い出しますよ…美しいけど怖い。狂気を感じます 笑
つっても薔薇散るしか持ってないけどね~~~!!
あの一枚はお宝です(*´?`*)

ベル妄想、お互い楽しみましょうね!!
またブログにも伺います♪
 

いつもながらご無沙汰です?(˘?˘)?

 投稿者:cokacii  投稿日:2017年 6月 8日(木)23時51分55秒
返信・引用 編集済
  アンドレと最新のオスカル様のイラストを観ました。やわらかな色が素敵!
アルフィー愛も書き込みごとにひしひし感じます。
ここ数日、繕いものばかりをしてまして、、、何故かリュート楽曲を聴きながら。
ボケ~っとしてたらPixivのプレミアム会員費、入金し忘れやん。急いで入れたりして。

もう6月~~!汗?三が日の前にどうにかしなきゃですわ。
ベルばらの方が思い的には比重高いんですが
昔、追ってたバンドの
人たちが活動してたのを最近知って。2014年あたりからもやってたん?

これは要チェックや!と最近は試聴にユーチーブってました。
リュート楽曲とは真逆のうるさい系の音楽なんです。ところでまだラレーヌをよく
聴いてます。鈴木さんの歌唱の方が薔薇散るは好きなんですがね。

カラオケでは素人の人が薔薇散るを歌ってるのも観れますね。巧く歌えたら
チャレンジしてぇ。。。無理ムリだが。
ホビー魂が湧いて胸潰しブラ作りってのにもハマってるので絵を描かなくなってて、
スポーツブラってどうも中途半端なんです。オスカル様も多分、母上に
作ってもらったはず(笑)
どうにも変な話題ですね。失礼しました。
まあ、三が日前には態勢を整え、どうにかベルヲタにもどりますよ~~
横浜のトリックアート周辺のオスカル眼のこま犬、変だと思いません?

 

レンタル掲示板
/307